『Anker 511 Power Bank』ミニマリストにおすすめなバッテリー付き充電器

『Anker 511 Power Bank』ミニマリストにおすすめなモバイルバッテリーガジェット
この記事は約6分で読めます。

普段持ち歩くバッテリーはできるだけコンパクトなものを選びたいですよね。

今回はそんな方におすすめなモバイルバッテリーAnker 511 Power Bankをご紹介します。

Anker 511 Power Bankコンセントプラグが内蔵されていて、モバイルバッテリーと充電器の2つの機能を備えています。

普段はコンセントに挿して充電器と使用し、外出時は取り外してモバイルバッテリーとして使用できます。

実際に使用してみた感想をありのままレビューしますので、最後までご覧いただけると嬉しいです。

created by Rinker
¥3,990(2024/05/24 05:01:47時点 楽天市場調べ-詳細)

【スペック】

Anker 511 Power Bankのスペック一覧です。

  • サイズ:約113 × 30 × 30 mm
  • バッテリー容量:5000mAh
  • 入力:100V〜240V、50Hz~60Hz 0.5A
  • バッテリー本体充電時間:2時間半
  • USB-C出力:5V 3A, 9V 2.22A MAX
  • 動作温度:0~35℃
たと
たと

IPhone 13やiphone14シリーズの急速充電にも対応しています。

【外観】

パッケージ・付属品

パッケージはAnker製品で統一された白バックに青文字のシンプルなデザイン。

Anker Power Bank 511 (PowerCore Fusion 5000) パッケージ

付属品は説明書1枚のみ。

必要最低限の付属品でその分コストが抑えられているのがいいですね◎

Anker Power Bank 511 (PowerCore Fusion 5000) 説明書

Anker 511 Power Bank本体

本体は艶ありブラック艶なしブラックの同色バイカラー。

Anker Power Bank 511 (PowerCore Fusion 5000) 本体

綺麗な長方体ではなく、それぞれの面(天地面除く)に緩いカーブ加工が施されています。

持った時に角張った感じがせず、細かいところにもこだわりを感じます。

丸型のボタン4段階のLEDインジケータを搭載。

Anker Power Bank 511 (PowerCore Fusion 5000) 電源LEDインジケータ

LEDの視認性はまずまず。晴天の屋外では点灯が少し分かりにくく感じました。

外でバッテリー残量を確認することはほとんどないので個人的には問題ないです。

Anker Power Bank 511 (PowerCore Fusion 5000) 晴天下の電源LEDインジケータ
晴天下で4つ点灯したLEDインジケータ

また、先端部分にはストラップが付いていて持ち運びの利便性が高い仕様になっています。

Anker Power Bank 511 (PowerCore Fusion 5000) ストラップ

カラーバリエーションは全部で4色展開。

  • A1633N13 (ブラック)
  • A1633033 (ブルー)
  • A1633023 (ホワイト)
  • A1633N53 (ピンク)

サイズは実測で、11.3cm×3cm×3cm。

同容量のAnker PowerCore Magnetic 5000mAと並べると、かなり細い作りになっているのがわかります。

質量は実測で169g。

Anker Power Bank 511 (PowerCore Fusion 5000) 質量

コンパクトな筐体ですが、質量は意外とずっしり感じます。

【使い方】

Anker 511 Power Bank本体の充電

Anker 511 Power Bank本体はACコンセントに接続して充電します。

Anker Power Bank 511 (PowerCore Fusion 5000) 本体の充電
たと
たと

本体にACプラグが内蔵されているので利便性が最高!

充電状態はLEDインジケーターから確認することができます。

充電が完了するとLEDインジケーターは10分後にオフになります。

Anker 511 Power Bank本体の充電はType-C端子からできないので注意してください。本体の充電はコンセントプラグに差して行います。

モバイルバッテリーとしての使用

ボタンを押すとバッテリー残量が表示されます。

シンプルなLEDインジケーター。

バッテリー残量確認LEDインジケーター
  • 25%:1つ点灯
  • 50%:2つ点灯
  • 75%:3つ点灯
  • 100%:4つ点灯

詳細な残量は分かりませんが、個人的には4段階表示でも十分です。

充電器としての使用

Anker 511 Power Bankはパススルーに対応しているので、スマホなどを充電中はAnker 511 Power Bank本体の充電よりもスマホを優先して充電されます。

Anker Power Bank 511 (PowerCore Fusion 5000) ACアダプター

Anker 511 Power Bankのメリット

Anker 511 Power Bankはカフェ作業などちょっとしたお出かけにかなり使えるアイテムです。

そんなAnker 511 Power Bankのメリットを3つ挙げてみました。

1. 充電器とバッテリーの1台2役の機能

ちょっとしたお出かけに充電器とバッテリーの両方を持ち歩きたくないので、両方兼ね備えているAnker 511 Power Bankは最強です。

充電器のコンセントも本体に収納できるようになっているのでポータブルにも最適。

Anker Power Bank 511 (PowerCore Fusion 5000) コンセント収納

2. コンパクトで小さいカバンでも持ち運べる

他の充電器とは一線を画するスティック型の形。

この形だからこ、ガジェットポーチや小さいカバンにもスッポリ入れやすいです。

Anker Power Bank 511 (PowerCore Fusion 5000) カバン

3. 急速充電で隙間時間に充電できる

Anker 511 Power Bankは最大20Wの急速充電が可能。

iphone13 miniをバッテリー残量0%の状態から30分充電して58%まで回復させてくれました。

ただし、パススルー充電時には最大20Wの急速充電は対応していませんのでご注意ください。

Anker 511 Power Bankのデメリット

続いて、Anker 511 Power Bankを使ってみて感じたデメリットについても3つ挙げました。

1. バッテリー容量が小さい

小型化と容量は相反するので仕方ないですが、バッテリー容量は5000mAと小さいです。

筆者が使用しているiphone13 miniでは100%まで充電できますが、iphone14proやiphone14では半分の充電も満たしません。

コンセントを確保できない状態で長時間作業する場合には向かないでしょう。

反対に、コンセントを使用できる場所では、これ一台あればiPad やiPhone の充電は十分です。

MacなどPCも充電したい場合は24000mA、65Wまで対応したAnker 537 Power Bankがおすすめ。

2. 指紋が目立ちやすい

艶ありブラックの部分は指紋が目立ちやすいです。

クロスで拭き取れば問題ありませんが、気になる方はいるかもしれません。

3. コンセントの指す場所が限定される

内蔵コンセントプラグはありがたいですが、コンセントプラグ側からUSBケーブルが接続されるのでコンセント周辺の状態によっては使用できないことがあります。

カフェのコンセントを借りようと思ったところ、壁とUSBケーブルが干渉してコンセントに挿せない、なんてことも・・・・。

【まとめ】ミニマリストにおすすめなバッテリー付き充電器

ミニマルな持ち物だけでまとめたい人には必須のAnker 511 Power Bank

バッテリーと充電器の両方を兼ね備えたスティック型を一本持っておくと安心かもしれません。

created by Rinker
¥3,990(2024/05/24 05:01:47時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました